受けよう 歯の定期検診と定期清掃



 完璧に歯の清掃をするのはなかなか難しいことです。特に歯肉の下にたまった歯垢は石灰化して歯石となり、この歯石は炎症が進むにつれどんどん大きくなり、そこに細菌がたまってやがてあごの骨が溶けてゆきます。[歯にくっついた歯石をきれいに取り、歯の表面を滑らかにして、歯と歯肉をくっつ きやすい状態にしてくれる]のは専門家でなくてはできません。また、また自分では 気がつかないうちにむし歯や歯槽膿漏が進行していることもあります。
 定期的に歯科医院に行き、歯の清掃をしてもらい、それと同時に適切な清掃方法を教えてもらうこと。また、被害が大きくならないうちに適切な治療を受けること。これが唯一最善の方法です。

具体例:

1.今現在あなたが気になる点や不具合をなるべく詳しくお話下さい。
  ほんの些細 なことでも遠慮することはありません。後々の診査診断に役立つ大切なことです。

2.さてここで実際にお口の中を見せていただきます。
  むし歯・歯周病及び磨き残しの多いところなどをcheckします。

3.必要に応じてX線写真等を撮り更に詳しく調べます。
  目だけでは分からない歯と歯の間のむし歯や歯周炎等による顎の骨のやせ具合、またその他の病気の診査を行います。

4.これらから歯科医師が診断し、今後の治療の方針や予防のための治療の説明があります。

5.上記の定期検診の結果により特に問題のない方は、定期清掃を行い診療は終了となります。

お口の健康情報メニューに戻る