むし歯と歯周病はなぜ怖い?



 むし歯や歯周病によって溶かされた歯や骨または抜けた歯は、元に戻ることがないので怖いのです。
 むし歯の原因は口の中の細菌が糖分を分解して酸を作り、その酸が歯を溶かしてしまうからです。甘い物をむやみに食べない、食べたら直ぐ歯を磨く、この2つでむし歯になりません。また、歯周病は細菌の種類は違いますが、食べカスに細菌が繁殖して歯と歯ぐきの間に入り込み、やがて骨が溶けていきます。細菌が繁殖しないように、磨いておけば歯周病になりません。
 以上のように歯を磨くという予防が大切なことになります。皆さんも一度かかりつけの歯医者さんに相談なさってはいかがですか?

お口の健康情報メニューに戻る