舌のよごれと手入れ



 舌には味を感じる味蕾という器官があり、それを囲むように乳頭という凹凸があります。健康な舌はその表面に凹凸が見えますが、苔状のもので覆われた方をよく見かけます。この付着しているものは『舌苔(ぜったい)』と呼ばれるもので、脱落した粘膜や血球成分、食べカス、細菌などからなっています。舌苔は見た目が悪いだけでなく、口臭の原因となることが知られています。さらに、舌苔や口腔の不衛生な状態から、味覚の異常、呼吸器系の感染症、食道カンジダ症などといった病気になりやすくなるといわれています。例えば、高齢者の誤嚥性肺炎のリスクは、適切な口腔ケアによって低下することが知られており、舌苔が付着しないようにすることが健康維持にも重要な要素となっています。

 

<舌の手入れの方法>
 舌の表面の汚れを落とすためには普通の歯ブラシを使っても良いのですが、舌ブラシという道具も市販されています。舌ブラシには先が Y の字に開いているもの、へらが付いたもの、高齢者向けにスポンジや布でできたものなどがあります。
 舌の表面をあまりゴシゴシこすると味蕾や粘膜が傷ついて、味覚障害や痛みを生じることもあります。舌苔は軽く取るようにしましょう。

 


お口の健康情報メニューに戻る