スポーツ飲料でむし歯?



 最近の健康ブームで各地にスポーツクラブが増え、老若男女がジム内のランニングマシーンやいろいろな健康器具で良い汗をかいています。
ほとんどの人がスポーツ飲料とタオルを持って運動していますね。
 夏の間はもちろんですが水分の補給は心臓や血管内の血液がかたまりやすくなるのを防ぐ意味で大切な事です。

 ところで、皆さん、スポーツ飲料と他の清涼飲料との違いはおわかりですか?
スポーツ飲料は水分やミネラル分を補給することをコンセプトとした飲物のことです。その他の清涼飲料は果汁入り清涼、茶系飲料、ナチュラルミネラルウォーター、いわゆるニアウォーターなどがあり、成分、内容により栄養分や味がことなります。

 スポーツ飲料の栄養に関しては、エネルギーが500mlボトル1本あたり102〜134カロリー、糖類および糖アルコールが24.3g〜34.1gあります。水感覚で飲みすぎるとエネルギーや糖分のとりすぎになる可能性があります。
 代表的スポーツ飲料の糖類の中身は砂糖、ぶどう糖、果糖、液糖ですので特にムシ歯の予防の点でも糖類の多い飲物は気をつけてほしいものです。
夜、のどが乾いたからといって、スポーツ飲料を飲んだまま眠ってしまうと大変ですよ。

 また、口の中にはいろいろな常在菌がいますがスポーツ飲料の回し飲みで口内炎や口角炎の原因となるカンジタアルビカンス等、口の中の常在菌のうつる危険性があることも知っておいてください。
 


お口の健康情報メニューに戻る