デンタルフロスとは?



 デンタルフロスは歯と歯の間のプラーク(歯垢)を取るのに役立つ糸状の道具です。ナイロン糸でできていますが、指に巻きつけ自分で好きな長さに切って使う「糸巻きタイプ」、糸をホルダーに装着し持ちやすくした「糸ようじタイプ」、さらにホルダーに自分でフロスを装着して使うタイプとさまざまです。フロスの糸の部分には歯の間に通りやすいようワックスを塗ったり、香りをつけたものもあります。

糸巻きタイプ
糸ようじタイプ

 

 


  <フロスの使い方>
 糸状の指に巻くタイプの使い方を説明しましょう。まず「フロス」を40〜50cm位の長さに切り、両端をそれぞれ左右の中指に軽く巻き付けてピンと張り、人差し指と親指で糸をはさみます。
 次に、フロスを歯と歯の間に通し、フロスを前後に動かしながら歯垢を落としていきます。歯肉に到達したらフロスの位置を少し変え、再び歯と歯の間をこすり上げながらフロスを抜き、ひとつの歯間の掃除が終わります。これを繰り返してすべての歯間を掃除します。
 指で糸をからめて行うこの方法が難しい方は、ホルダーのついた糸楊子タイプのものがよいでしょう。また、歯間が狭く、フロスが強く挟まる場合は、ワックス付きのフロスを用いた方がよいでしょう。歯間にむし歯があるときには、フロスがスムースに動きにくかったり、ざらざらしたむし歯部分により、ほつれたりすることがあるため、注意が必要です。

 一度自分にあったフロスの使い方をかかりつけの歯科医に相談しましょう。


お口の健康情報メニューに戻る