子どもの歯みがきは?



<いつから歯みがきする?>
 最初の歯が生えはじめる生後7〜8か月ころから、口にふれる練習も兼ねて、食後は濡らしたガーゼで歯を拭いたり、乳児用の歯ブラシで歯のケアを心がけてください。
 上下の前歯がでてくる一歳半頃になると、離乳食も始まり、歯に汚れがたまりやすくなるので、歯ブラシを始めましょう。
  上下の前歯と奥歯の一部が生えはじめる一歳半頃から、食べたら歯ブラシを持たせてください。もちろん、こどもひとりでうまくみがくことはできないので、仕上げみがきをしてください。短時間で効率よく、歯の付け根、歯と歯の間などを手早くみがきます。食後みがくのが理想ですが、少なくとも寝る前にみがきましょう。
 2歳前後になると、少しずつ自我が芽生え、歯みがきもいやがる時期があります。無理強いするのはかわいそうに思われるかもしれませんが、歯医者で治療することのほうがこどもにとっていやなことになるでしょう。こどもが自主的に歯みがきすることは難しいので、少しずつでも習慣をつけていきましょう。
  
<乳幼児のブラッシング法>
 歯みがきは歯の汚れがとれればいいのですが、力はあまりいれず、歯ブラシを軽く歯にあて(100g〜150g)、毛先の弾力を使って左右にリズミカルに動かすとよいでしょう。
  歯ブラシは、歯に対して斜めにあて、毛先が歯と歯の間に入るように、左右に細かく動かします。また、歯ブラシを持った手をこどものあごやほおにあてると、安定して余分な力が入らず、また、反対の手の人差し指で唇をよけたり、歯肉にあててみがきやすくします。それぞれこどもにあったみがき方を歯科医や衛生士に尋ねるのもよいでしょう。


<母親がするこどもの口腔管理>
 歯みがきは回数よりも、きちんと歯の汚れを落とすことが大切です。生活スケジュールにあわせて、その日の汚れはその日に落とします。毎食後みがくのが理想ですが、現実には難しいので、最低でも2回、朝食後か昼食後に一回、就寝前に一回、しっかりみがいてあげましょう。
  こどもが自分できちんとみがけるようになるのは、小学校の高学年です。それまでは仕上げみがきをしてあげる必要があります。こども用の歯みがき剤もありますが必要ないでしょう。
 また、だらだらとした食べ方をしない、ジュースや清涼飲料水の与え方、甘いおやつの与え方に気をつけるなど、生活習慣を考えることが大切です。


参考文献:「こどもの歯をじょうぶにするQ&A64」羽田 宣裕/監修 小学館


お口の健康情報メニューに戻る