むし歯になりやすい人、なりにくい人
  −カリエスリスク検査−




 皆さんカリエスリスク検査をご存知ですか?カリエスはむし歯(う触)のことです。リスクは将来における疾病の発症、あるいは進行する危険度を表している言葉です。
 カリエスリスクが高いと言うことは将来においてムシ歯が発症したり進行したりする可能性が高いということです。これを判定する検査がカリエスリスク検査です。それではその検査とはどんなことを調べるのでしょう。
 むし歯はいくつかの条件が重なった時に発症する病気です。発症に関する条件は大きく分けて3つです。
 1.むし歯の原因菌
 2.糖質の摂取
 3.宿主の抵抗性

 1 についてはストレプトコッカス・ミュータンス菌の数、ラクトバチルス菌の数、プラークの蓄積量を調べます。
 2 については1日の飲食回数を調べます。
 3 については唾液分泌量、粘稠度、緩衝能、う触の経験(DMFT指数)、フッ化物使用の有無等を調べます。

  この検査ですべてがわかるわけではありませんがむし歯になりやすい傾向についてははっきりします。
 ご自身の状況を知りたい方は歯科医にご相談ください。


お口の健康情報メニューに戻る