歯みがきの方法



 歯ブラシは自分にとって使いやすいものでよいのですが、ヘッドの小さめの方が奥までみがきやすく、下の前歯の内側に入るくらいがよいでしょう。
  また毛は細く長めで密集して歯間や歯と歯肉の溝に入るもの、指で触って痛くない程度の硬さを選びましょう。

 歯みがきは毎食後すぐにして、プラーク(歯垢)をできるだけ早く取り除きましょう。
  方法はいろいろありますが、歯の形、生え方、歯肉の状態によって違います。例えば歯と歯肉の間に45度で歯ブラシを当て細かく動かす方法(バス法)、歯に直角にブラシを当て細かく動かす方法(スクラビング法)等いろいろあります。
 歯ブラシを強く押し当てゴシゴシみがくのでは、毛先が開いてプラークがうまくとれず歯肉を傷つけることにもなります。歯は平らではないので、歯ブラシの先、真ん中、グリップに近い部分を使い分けて一歯ずつていねいにみがいてください。
 みがき残しがないか鏡を見ながら確認するとよりよいでしょう。また、寝る前は必ずみがきましょう。

 自分にあったみがき方をかかりつけの歯科医院で相談することをおすすめします。


バス法  フォーンズ法

スクラビング法  ローリング法


お口の健康情報メニューに戻る