歯周病で乱れた歯並びを直したい

 「歯周矯正治療」の話



歯周病が進行すると歯を支える歯肉や骨が少なくなり、歯が動いてしまうことがあります。その結果 、歯が延び出したり隙間ができたりします。

これを戻す治療が歯周矯正治療です。

この治療をする場合、毎食後、汚れを残さないように歯磨きを徹底すること(プラークコントロール)が大切です。磨き方については歯科医や歯科衛生士にご相談ください。また、適時歯石を取り除く処置を受けて歯周病の進行を抑えます。

歯並びの乱れが少なければ矯正治療はだいたい数カ月から1年程度で終了します。

歯並びや噛み合わせを改善し維持するため、年少の方だけでなく年配の方の矯正治療もあります。


お口の健康情報メニューに戻る