矯正治療、いつが潮時?

 「早期治療」の話


 矯正治療の目標は、良い噛み合わせを作り維持することです。 ですから永久歯がそろったころ、だいたい中学生以降で全体に対する矯正治療をするのが一般 的です。しかし、その前の段階で矯正治療「早期治療」をする場合があります。これは乳歯の時期や部分的に永久歯になったころ、3歳から小学校の低学年くらいの時期に、上下の顎の前後、左右へのズレや、咀嚼や発声への悪影響、歯や顎の関節への障害を改善して、良い成長を促す、いわば軌道修整の治療です。この時期は極めて順応性が高いので、部分的な矯正治療で良好な結果 が得られます。

 6歳の女子の早期治療を紹介します。

:上顎が狭く、下顎と合わず、下顎が左側にズレています。

:上顎に器械を装着し、上顎を横に広げました。

:その後、縮まないようにおさえる装置を使用しました。

:顎のズレは改善し、上顎の前歯は良好な位置に出てきました。

 矯正治療の最適な時期は症状によっていろいろです。噛み合わせが変だなと思ったら歯科医にご相談ください。


お口の健康情報メニューに戻る