親知らずって抜かないとダメ?



 お口の中の正面から数えて8本目として一番奥に生 えてくる歯が「親知らず」と呼ばれています。生えてくる時期が遅いのでこのような名前が付けられ、いらない歯の代表みたいに思われていますが、本来はかみ合わせに必要な歯です。
 現代人のあごの骨は食物の加工技術が進歩したことなどによりだんだん小さくなって、この8番目の歯が並ぶスペースがない人が多くなりました。親知らずが変な方向に生えてきたり横向きにもぐっていたりすると、むし歯が出来る原因になったり歯並びを悪くしたりします。
 歯科医師はお口の中の状態を把握した上で、何も問題ない場合はそのままにしますが、将来的には不要、または悪影響を与える可能性があると判断した場合は抜歯することを説明した上でお勧めします。

お口の健康情報メニューに戻る