X線撮影は危険?



 X線は目に見えないものですし、原爆の話や原子力発電所の事故などの話題を聞くとなんとなくとっても危険なものと感じますね。確かに大量 の放射線を浴びるとやけどや白血病など体にいろいろな障害がでる場合があります。しかし、肉眼で確認できない部分の変化を確認するための歯科のX線撮影では最小限の量 であるためこのような障害を引き起こす可能性はないので心配ありません。
 人は宇宙線など自然界にある放射線を常に浴びていて、この量は1年間でかなりのものになります。これと比較して歯科の撮影に使用される量 は少ないのです。このため撮影によって体の変調などが起きるということはまずありません。もちろん不必要なX線撮影は蓄積された影響があとから出てくる可能性もありますので問題ですが、これについては撮影する歯科医師が責任を持って管理していますので心配はいりません。X線撮影は患者さんに確実な治療を行うための資料として必要不可欠のものですので歯科医師を信頼してお任せいただければとおもいます。
 X線撮影に際して患者さんにお願いしたいことは、妊娠の可能性があるか妊娠している場合には必ず歯科医師に教えてほしいということです。お腹の中の胎児は放射線にとても敏感ですのでX線をなるべく使わないか厳重な防護をした上で撮影する必要があります。

お口の健康情報メニューに戻る