昔かぶせた前歯の色が・・・



先生、前歯の色が気になります。新しいものを入れたいのですが・・・。前歯は見た目にもきちんとしたものをかぶせたいと思います。 そうですね。大きくわけてセラミックというものと、硬質プラスチックというものを前歯の前面に使うのが一般的です。

どんなふうに違うんですか。

セラミックはご存知のように磁器です。これは焼き上がったあときれいで天然の歯にとても似ています。歯肉とも、とても仲良しで、境目もきれいに合います。セラミックだけで焼き上げるものもありますが、普通は金属でフレームを作ったあと、セラミックを焼き付けて仕上げます。焼き付けるとセラミックと金属との間に、金属酸化物層というのができてサンドイッチ状態にくっつきます。

硬質プラスチックは、七宝焼のようなものだと思っていただければ結構です。金属フレームの表面にギザギザの凹凸をつけ、そこに合成樹脂を流し込み、熱によって収縮するプラスチックの性質を利用して焼き付けると、物理的に接着するのです。ただし、長期的にみると着色・変色することがあります。歯肉とプラスチックとが本来相性がよくないので、直接歯肉との境目には使えないという欠点があります。逆に、物理的に接着させるのだから、どんな金属でも使用できるという長所もあるのです。

 

それぞれの特徴はよくわかりましたが、見た目はどうですか。 セラミックは、表面のガラス状の部分が天然の歯のような美しさを呈するので、硬質プラスチックよりは自然感という点で勝るでしょう。


お口の健康情報メニューに戻る