インプラントって何?


   インプラント療法は人工歯根療法ともいわれ、歯の抜けた部分の顎の骨に金属あるいはセラミックスでできた人工歯根を手術によって埋め込み、その上に人工の歯を固定する治療法です。
 以下のような長所、短所がありますが、各種の方法によって若干の違いがありますので、詳しくは歯科医院で相談して下さい。

長所
・ 十分に噛むことができ、自分の歯に近い使用感が得られる。
・ 残っている自分の歯を削ったり、余計な力を負担させたりせずに済む。
・ 心理的回復度が高い。

短所 
・ 手術が必要となる。
・ 治療期間が長い。
・ 局所的、全身的な問題で適用できない場合がある。
(株)GCより提供資料  
   

お口の健康情報メニューに戻る