CAD/CAM(キャド/キャム)ってなあに?



 Computer Aided Design/Computer Aided Manufacturing の略で、コンピューターで設計し、コンピューターにより製作することをいいます。
 歯科では一般に詰め物やかぶせもの(修復物)を作る際には、粘土のような材料(印象材)で歯型を取り、石膏を流して模型を作り、それをもとに金属やセラミック、レジン(プラスチック)などの材料で製作しています。
 近年では歯科用CAD/CAM 技術が進み、歯型を専用のカメラやスキャナーでコンピューターに取り込み、専用のソフトで修復物を設計し(CAD工程)、専用の機械で修復物を作る(CAM工程)ことができるようになりました。修復物を作る機械には、ブロックから削りだして作製する方法、レーザーで焼結して作製する方法、3Dプリンターで作製する方法など様々出てきています。
  健康保険の適用の範囲外で、自費診療になることが多いですが、CAD/CAMによりハイブリッドレジンで作製するかぶせものは一部健康保険診療でも使用することができますので主治医とご相談ください。

 CAD/CAMはいろいろな種類がありますが、一例をご紹介します。

・歯型をとってコンピューターに取り込みます。

・コンピューター上で修復物の設計をします



・プラスチックやセラミックのブロックを機械で削っている所です。

・削りだされたばかりのものです。

・磨いたりしてつやを出して完成です。


お口の健康情報メニューに戻る