歯に穴があいてしまったら その2

 歯にかぶせる治療



  大きなむし歯ができたり、大きく歯が欠けてしまった時には、簡単な「つめ物」では間に合いません。
それは歯には食物を咀嚼するという大切な役割があるからで、成人男性の大臼歯では約70kgの力が出ます。当然、歯の削る量を増やし接着力を大きくしてかぶせなければ、人工物は外れてしまいます。

被せ物には大きく分けて5種類あります。
1−A.プラスティックだけの冠
1−B.金属とプラスティックの冠
2−A.セラミックだけの冠
2−B.金属とセラミックの冠
2−C.金属だけの冠

1(A,B) 2(A,B,C)

 *患者さんの噛む力、審美的要望にあったかぶせ物を、歯科医師と相談のうえ、歯にかぶせて貰うのが良いでしよう。


お口の健康情報メニューに戻る